スタッフ紹介|技術者派遣・ITエンジニア派遣のテクノウェイブ

  • 0120-55-1308
  • つながらない場合は03-3350-4800
  • お問い合わせ

0120-55-1308

つながらない場合は03-3350-4800

MENU
CATEGORY MENU

HOME > コンテンツ一覧 > スタッフ紹介 > スタッフ紹介_020

スタッフ紹介

演劇に打ち込む、須田 優奈さん

演劇に打ち込む、須田 優奈(すだ ゆな)さんをご紹介させていただきます。

 

テクノウェイブのコーディネーターとして、スタッフの方々を日々サポートしています。いつも明るく元気で社内を活気づけています。

 

そんな彼女の趣味は、「演劇」。
小学6年生のときに学芸発表会で、戦国時代をテーマにした劇で主役を務めたことが、現在の演劇という活動につながっています。

 

高校時代は演劇部に所属し、どんどん『役を演じる』楽しさを知っていきました。
大学時代でも演劇のサークルに所属し、さらに演劇の魅力に引き込まれていきました。
しかし、卒業が近づくにつれ、多くの学生と同じように就職を考えるようになり、“もう演劇はやり切った”と感じていたようです。

そんな中、大学の先輩から「社会人になってからも演劇を続けないか」と誘いを受け、現在は『一役者』として舞台に立っています。

ひとつの公演はおよそ1時間~1時間30分。その公演にかかる準備期間は公演ごとで異なりますが、約2か月~5か月を要します。
また、仕事をおこないながら準備をするため活動は週2~3日が限界です。仕事終わりに稽古をしたり、休日は丸一日稽古したりということもあるようです。

一度は、やり切ったと思った演劇の世界ですが、続けているうちに
 “演出家の求める舞台・役・世界観を理解し、自分らしく演じる。”
 “舞台の上で、どんな役でも違和感なく見えることが、自分の本当の存在感”
という今後の目標ができたと語っています。

これまでも、不良の女子高生・チャイナ服の40代女性・ずる賢い老婆・男役など年齢、性別を超えた難しい役どころを演じてきました。
自分の役を、舞台を、そして自分自身を輝かせるため、全力を尽くす彼女の活躍に、今後もさらに期待がかかります。

 

みなさん、仕事と趣味の両立や本当にやりたいことを諦めてはいませんか?
テクノウェイブは、みなさんの夢・やりたいことを全力で応援、サポートしていきます!

 

演劇組織六月族「飛鳥山八咫烏伝説

※一切のコンテンツの無断転載を禁じます。

次回公演はこちらをチェック!!

→@6gatsuzoku