スタッフ紹介|技術者派遣・ITエンジニア派遣のテクノウェイブ

  • 0120-55-1308
  • つながらない場合は03-3350-4800
  • お問い合わせ

0120-55-1308

つながらない場合は03-3350-4800

MENU
CATEGORY MENU

HOME > コンテンツ一覧 > スタッフ紹介 > スタッフ紹介_030

スタッフ紹介

農村(むら)と都市(まち)の出会い。丸野義人(まるの よしと)さんをご紹介させていただきます。

 

6

 

これは、「大豆」の国内自給率の数値です。

(平成25年農林水産省「大豆のまめ知識」: http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/daizu/d_tisiki/

 

今も昔も、日本の食文化に欠かせない食品である大豆の多くは、海外からの輸入という実態に驚いてしまいます。

 

今回ご紹介する丸野義人(まるの よしと)さんは、千葉県の北部にある四街道市(よつかいどうし)で「ムラマチツナガル」という活動をおこなっています。千葉市に隣接する四街道市は、都心からのアクセスもよく、首都圏のベッドタウンであるとともに、農業の盛んな地域でもあります。

 

 

 

農村(むら)の生命(いのち)を都市(まち)に

都市(まち)の活力(ちから)を農村(むら)に

…農村(むら)には生命(いのち)が溢れ…私たちの生命の糧となります。そして、都市(まち)には活力(ちから)が漲って…便利で豊かな生活を支えるあらゆるものが作り出されます。

わたし達、ムラマチツナガルは、農村(むら)と都市(まち)が出会い、…生命(いのち)と活力(ちから)を互いに感謝する「場」を作る取り組みを進めています。

(「ムラマチツナガル ABOUT US」より抜粋:http://muramachitsunagaru.web.fc2.com/aboutus.html

 

 

『便利な街機能と豊かな自然環境が共存していることは、四街道の誇れる資源である!』という思いを持つ丸野さんは、「ムラマチツナガル」のプロジェクトのひとつとして、「大豆レボリューション in よつかいどう」という活動を、2012年からおこなっています。

「農」の現場とは縁のなかった都市生活者が、種大豆オーナーとなり、週末は農作業体験という感覚で種まき、草取り、収穫、脱穀、味噌仕込みを体験する「場」として取り組みを進めています。

 

 

SEとしてシステム開発の上流工程に携わるほどのキャリアとスキルを持つ丸野さんですが、現在は派遣スタッフとして週4日で働いており、週1~2日で農業に取り組んでいます。農業の繁忙期(米の収穫期など)は勤務日数を週3日に減らしますが、業務に支障をきたすことはなく、派遣先からの揺るぎない信頼を得ています。

 

丸野さんにとって、農業はライフワークであると同時に、SEの仕事が気分転換にもなっているそうです。どちらかが片手間ということではなく、両立することでより多くのモチベーションとやりがいを得ている丸野さんの働き方は、今までの農家や技術派遣の常識にとらわれない、新しい仕事のスタイルなのかもしれません。

 

“やりたいこと”や“目標”を軸とした生活は難しい?

そうかもしれません。しかし、「ハケン」という選択肢を増やすことで、できることが広がってくるのかも。

 

テクノウェイブは、あなたの働き方を全力で応援・サポートします!!

 

ムラマチツナガルHPhttp://muramachitsunagaru.web.fc2.com/